original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

竹垣に椿・桜・藤

¥1,650 税込

¥10,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

「江戸」の美意識と暮らす粋な毎日。 スケジュールページには旧暦や六曜、十干十二支、二十四節気・七十二候、月齢、季節の行事などのほか、江戸のミニコラムを掲載。 2023年版では、24節気72候に合わせた「季節と共に暮らす手帖」になるよう、週刊スケジュール/月間スケジュールを大きく変更し、2023年1月から2024年3月までの15ヶ月掲載。また一粒百倍日、天赦日も追加しています。 一年を通じて江戸の美意識を身近に感じられる手帖です。 四季を感じる「和のこよみ」と 粋な「江戸」のエッセンスを、毎日に。 ---------------------------------------------------------- 《竹垣に椿・桜・藤》 江戸では身近な景物を何でも柄にした。竹で編んだ垣根もその一つ。竹垣に単純化した椿、桜、藤を描いた華やかな柄。どの花も江戸時代には園芸品種が多く作られ、椿は18世紀初頭には欧州に渡り「日本のバラ」として親しまれたという。

セール中のアイテム