江戸帖2021版カバー3点セット(水文 + 檸檬 + 葵唐草)
new
5f9d74c1da019c484b1f1020

江戸帖2021版カバー3点セット(水文 + 檸檬 + 葵唐草)

¥990 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

天保年間創業の呉服屋「竺泉」の浴衣の柄を使用している「江戸帖」のカバー。その江戸帖2021年版の柄3種のセットです。 ------------------------------------------------------------------------------------------ 《水文》(すいもん) 渦巻く水を描いた柄。流水や波など、日本人は昔から千変万化する形のない水を捉えて描こうとしてきた。水の文様は多く、中でも能楽の観世家の定紋「観世水文」は有名。のちに歌舞伎役者の四代目澤村宗十郎が衣装に用いて人気を博した。 《檸檬》(れもん) 輪切りのレモンを描いた柄。最近のデザインだと思われるかもしれないが、実は大正時代にはすでにレモンの柄を手拭いに染めていたという。レモンが日本に伝来したのは明治時代のことだ。懐かしさと新しさが融合するレトロモダンな柄。 《葵唐草》(あおいからくさ) 葵の葉と唐草模様の組み合わせ。葵と言えば徳川の家紋「三つ葉葵」が有名だが、葵は本来、葉が二枚の二葉葵。三つ葉は想像の産物である。唐草模様はギリシアに原型を持ち、仏教と共に中国から伝わった。どこか異国情緒が漂う柄である。 《Suimon》 The motif depicts whirling water. Since the olden days, the Japanese have tried to capture the ever-changing shape of formless water. 《Lemon》 The motif depicts a slice of lemon. It may be considered a modern design, but the motif was already used on hand towels by the Taisho era. 《Aoi Karakusa》 The motif is a combination of hollyhock leaves and scrolling arabesque. The Tokugawa shogunate family’s Three Hollyhock Leaf crest is a famous motif, but hollyhocks have double leaves. The three-leaved hollyhock is a human construct.