new
5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e 5f9d234df0b1082c108ba66e

水文

¥1,650 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

スケジュールページには旧暦や六曜、十干十二支、二十四節気・七十二候、月齢、季節の行事などのほか、江戸のミニコラムを掲載。巻末には実用ページなど、一年を通じて江戸の美意識を身近に感じられる手帖です。 《水文》(すいもん) 渦巻く水を描いた柄。流水や波など、日本人は昔から千変万化する形のない水を捉えて描こうとしてきた。水の文様は多く、中でも能楽の観世家の定紋「観世水文」は有名。のちに歌舞伎役者の四代目澤村宗十郎が衣装に用いて人気を博した。 《Suimon》 The motif depicts whirling water. Since the olden days, the Japanese have tried to capture the ever-changing shape of formless water.